自分で行なう不動産名義変更

不動産名義変更とは不動産の所有者が変更された場合に法務局に登記簿上の変更をすることです。

この登記簿上の不動産名義変更は義務ではないのですが、自分が誰かに不動産を譲りたいとか、亡くなって相続するとなった場合に、法務局での登記簿上の変更がきちんとされていないと、まず、そういった手続きからしなくてはならず、とても面倒なことになります。

相続を何代もに渡ってしていなかった場合などは費用が余計にかかってしまうことなどもありますから、もしも不動産を譲り受けた、もしくは譲ったなどという不動産の権利が動いた場合は、できるだけ早く不動産名義変更をしておく様にしましょう。

この不動産名義変更は司法書士に依頼する人が多いのですが、中には自分で不動産名義変更をする方もいます。

最近ではインターネットに自分で不動産名義変更ができるように必要な書類や必要な費用などがわかる役立つサイトも多くありますので、参考にするといいでしょう。

▶[不動産名義変更手続センターで調べる]

自分で不動産名義変更をする場合、登記簿上の手続が不備で面倒なことになったり、不必要な不動産を取得してしまったり、多くの税金が取られてしまったりということもありますので、十分に調べてすることをお勧めします。